Category: 未分類

消防官に関連する資格

クレーン消防官に求められる知識や技能は幅広く、たくさんあります。消火活動における技能の他に、医学や危険物の取扱の技能、大型自動車の運転技能等が挙げられます。その為、危険物取扱者、大型四輪、移動式小型クレーンなどの資格は取得しておいた方が、より実践に役立ちます。また、病院に搬送するまでの間、適切な処置を行う国家資格の救急救命士や外傷病院前救護ガイドラインの略称で、重病の患者を迅速に、より高度な医療施設に搬送する為のプログラムであるJPTEC、消火栓設備、スプリンクラー、自動火災報知機などの工事、整備などの点検を行う消防設備士があります。

その他にも、消防計画の作成、消防用設備の管理・維持、消火訓練や避難訓練の実施など、火災予防・管理する上で必要な業務を推進する責任者の資格である防火管理者や、自衛消防業務に従事する人に必要な、知識やスキルを持っている事を消防総監が証明してくれるという、自衛消防技術認定など、色々な資格があります。

消防官の仕事とは、一刻を争う場に身を置き、そんな場面でも常に最善を尽くし、消火活動はもちろん人命救助も行います。各自治体の消防署に配属後は、様々な場面での消火活動に遭遇します。そういった実務経験を積みながら、さらなるスキルアップの為に資格取得をします。



消防官の専門学校

学校消防官採用試験に合格する事を目的とした専門学校や、スクールのほとんどが関東・関西地方に集中しています。関東では、東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、群馬、関西では、大阪、京都、兵庫、和歌山に存在しており、その他の地域にはあまり存在していません。多くの専門学校やスクールでは、特定の資格を持っていたり、優秀な成績を修めた生徒に関しては、入学金や授業料免除、奨学金制度のある専門学校もあります。

また、消防官採用試験の対策として、消防官コースなどが設けられた専門学校も多くあります。通学期間、カリキュラムの内容、学費などは専門学校とスクール、予備校で比較すると、当然ながら、全く異なります。専門学校だけで見ても、学校により実に様々です。各専門学校などのホームページや資料を参考にし、比較してみましょう。

消防官採用試験は決して簡単な試験ではありません。消防官採用試験対策、合格する為の専門的な知識の取得をする為に予備校を利用したり、専門学校に通う人は多いです。消防官採用試験合格後は、各自治体の消防学校に入学し、基本的な知識や技能習得の為、半年間勉学に励みます。消防学校卒業後は、各自治体の消防署などに配属され、晴れて消防管として働くことになるのです。



専門学校でのメリット

筋トレ消防官になる為には、各自治体の消防官採用試験を受験します、消防官採用試験は17歳から受験出来ます。高卒で消防官を目指した時、倍率は非常に高く、なかなか合格出来ない場合があります。地域によっては、倍率が20倍を超えるケースもあります。試験に合格出来なかった場合、合格するまでご独学で勉強し、合格するまで試験を受け続けるか、消防官になる為の専門学校やスクール、大学へ進学するなどを選択する事になります。どうしても諦めきれない、絶対に消防官になるという強い意志があるのであれば、消防官の資格を取得する事が出来る専門学校へ通う事をお勧めします。

消防官は、当然体力が資本になります。高校卒業後すぐに採用試験に合格すれば18歳、専門学校卒業後は20歳、大学卒業後だと22歳になります。高卒と大卒では4年の開きがあります。また、専門学校では、体力トレーニングを科目に取り入れています。トレーニング設備も充実していて、トレーニング専用のトレーナーがついているところも多くあります。一人でのトレーニングは怠けがちになり、達成感がなかなか得られない事から、不安が生じます。しかし、整った環境の中で、仲間と一緒にトレーニングする事で達成感を得られ、自信もつく事でしょう。効率的に体を鍛えられるという点が大きなメリットと言えます。

また、消防官になる為の専門学校では、官公庁の元人事担当者を招いて講義などを行い、消防官採用試験の内容について、本格的な指導を受ける事が出来ます。