筋トレ消防官になる為には、各自治体の消防官採用試験を受験します、消防官採用試験は17歳から受験出来ます。高卒で消防官を目指した時、倍率は非常に高く、なかなか合格出来ない場合があります。地域によっては、倍率が20倍を超えるケースもあります。試験に合格出来なかった場合、合格するまでご独学で勉強し、合格するまで試験を受け続けるか、消防官になる為の専門学校やスクール、大学へ進学するなどを選択する事になります。どうしても諦めきれない、絶対に消防官になるという強い意志があるのであれば、消防官の資格を取得する事が出来る専門学校へ通う事をお勧めします。

消防官は、当然体力が資本になります。高校卒業後すぐに採用試験に合格すれば18歳、専門学校卒業後は20歳、大学卒業後だと22歳になります。高卒と大卒では4年の開きがあります。また、専門学校では、体力トレーニングを科目に取り入れています。トレーニング設備も充実していて、トレーニング専用のトレーナーがついているところも多くあります。一人でのトレーニングは怠けがちになり、達成感がなかなか得られない事から、不安が生じます。しかし、整った環境の中で、仲間と一緒にトレーニングする事で達成感を得られ、自信もつく事でしょう。効率的に体を鍛えられるという点が大きなメリットと言えます。

また、消防官になる為の専門学校では、官公庁の元人事担当者を招いて講義などを行い、消防官採用試験の内容について、本格的な指導を受ける事が出来ます。