消防官に関連する資格18年02月01日18年02月05日admin

クレーン消防官に求められる知識や技能は幅広く、たくさんあります。消火活動における技能の他に、医学や危険物の取扱の技能、大型自動車の運転技能等が挙げられます。その為、危険物取扱者、大型四輪、移動式小型クレーンなどの資格は取得しておいた方が、より実践に役立ちます。また、病院に搬送するまでの間、適切な処置を行う国家資格の救急救命士や外傷病院前救護ガイドラインの略称で、重病の患者を迅速に、より高度な医療施設に搬送する為のプログラムであるJPTEC、消火栓設備、スプリンクラー、自動火災報知機などの工事、整備などの点検を行う消防設備士があります。

その他にも、消防計画の作成、消防用設備の管理・維持、消火訓練や避難訓練の実施など、火災予防・管理する上で必要な業務を推進する責任者の資格である防火管理者や、自衛消防業務に従事する人に必要な、知識やスキルを持っている事を消防総監が証明してくれるという、自衛消防技術認定など、色々な資格があります。

消防官の仕事とは、一刻を争う場に身を置き、そんな場面でも常に最善を尽くし、消火活動はもちろん人命救助も行います。各自治体の消防署に配属後は、様々な場面での消火活動に遭遇します。そういった実務経験を積みながら、さらなるスキルアップの為に資格取得をします。